--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-28(Mon)

地震後の日々

3月10日から更新がストップしたままだったのは
次の日の11日。東北地方太平洋沖地震が起こったからです。

その日、私は14時にパートを終え
カラーの仕事に行く為、車で移動中でした。
信号で止まっていると、目の前で信じられないような光景が!!
コンクリート道路が波うって
自分の乗っていた車がガッタンガッタン左右に大きく揺れ
一瞬、何が何だかわからない状態でした。

頭上の高速道路の大きな看板が落ちてくるんじゃないかと思うほど
揺れているのを見て
「私の位置なら大丈夫。落ちたとしてもあの位置までだ。」
なんて、こんなときなのに変な計算をしながら
道路端に緊急停車。

道路の真ん中で立ち往生しているトラック
その為、渋滞してしまった後続車。
車から飛び出して立ちすくんでる夫婦(その間も揺れは続いて)

運転中なのを知ってたパパから、心配してすぐに電話がかかってきたので
「娘が帰ってくる時間だから、学校まで迎えに行ってきて!」
と言うと「わかった。」と。(息子はパパがお休みの為一緒にいました)

後で聞くと、下校してた娘は家の近くの交差点で地震にあい
一緒に帰ってたお友達が泣いてしまったので
なぐさめていたようです。

私は自宅より、カラーのパート先の方が近いこともあり
そのまま、ビクビクしながら運転しはじめました。
その後も余震が続いて怖かったけど
パート先の奥さんの実家がいわき市だったので
ただ事じゃない表情の彼女と一緒に、テレビを見ました。

彼女とは15年来の付き合いで、何でも話せる数少ない友人です。
8月に里帰り出産する予定の家は、津波によりなくなってしまったけど
家族全員無事に避難できた事が何より。と言ってました。


私は病院の薬を出庫する仕事をしているので
地震後の仕事の忙しさは大変なものでした。

昼パートも夜パートも関係なく、朝から深夜まで残業残業の日々。
余震が続いていたので、4階で働いてる私達はその度に
「通路に出て~!!」
と叫ぶ社員さんの指示に従い、大きな揺れの時には外へ避難したことも数回。

小さな薬でも、1箱何万もするので損害も大きく
社員さんはみんな泊まりこみで、何日も睡眠不足が続き大変だったと思います。

私も通常通り9時~14時まで仕事をし
一度帰宅し子供達を幼稚園まで迎えに行って
家事をこなしパパが帰ってきたら仕事に行き
夜中の2時すぎまで仕事したりしてました。

今まで見たことがないような出庫数で
やっても、やっても仕事が終わらず
テレビでは「被災地では薬が足りない」と日々放送されていました。

体調不良を訴える人が増えてきた頃に少し出庫数が減ってきたのですが
今度は計画停電に振り回され
3時間待機して仕事再開。と仕事時間がずれ込むばかりで
結果、早朝と深夜に仕事をしたりと。。。。

先週から夜に派遣の方がたくさん来るようになったことと
出庫数もグっと減ったので延期になってた
年度末の棚卸しもこの間の日曜日に行われました。(ぎりぎり~)

地震後、私は仕事漬けで何も考える余裕がなく
ただただ必死で働いてました。
それはお金の為だけではないです。
なんとなく、条件がいいから選んだパートでしたが
改めて大事な仕事なんだな~。と痛感しました

協力してくれる家族なしでは働けなかったのですけどね。

被災地でのテレビを見ていると胸が苦しくなります。
今は自分が元気で働くことが手助けになると信じて頑張ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

siesta
育児日記と ミシン生活。

Author:siesta
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
姉妹で運営されている くつろげる店内です。 おいしい食事ができますよ。 委託させていただいてます。
ランキング
一応登録してみました。
リスト
FC2アフィリエイト
おこづかいサイト
ポイント ちょびリッチ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。